home
各種事業紹介
サービスケア専門士
「ファミリー・サポーター」資格
 

ファミリー・サポーター資格

NPO法人 日本介護福祉サービス協会認定
ファミリー・サポーター

あなたの一番大切なご家族のために。
いざというとき必要な介護の知識を学べます。

母親が寝たきりになり、何も分からないまま介護をしていたのですが、看取った後に専門的な勉強をして思いました。もっと前もって介護を学んでいればお母さんをきちんと介護出来たのに。後悔してもしきれません。まだご両親がお元気なご家族の方には是非、専門的な介護の勉強をしてほしいと心から思います。

ファミリー・サポーターとは

ご家族の介護に不安を持っている方、介護の基礎を学びたい方が、ご家族の生活をサポートするうえで必要な食事や移動、着替えなどの介護技術を身につけ、自信を持って介護をしていただくことを目的とした資格です。

学んだ技術は介護福祉施設のボランティア等でもご活用いただけます。

ここがポイント!

1.ロールプレイ等の実技演習

ロールプレイを通し、介護を受ける側の気持ちを学ぶことで、より相手の立場に立った介護ができるようになります。視点を変えることにより、心にゆとりをもった介護を目指します。

2.知識を身につけ介護者の負担軽減

ボディメカニクスによる正しい体の動かし方を学んでいただくことで、我流介護によって引き起こされる腰痛、肘の痛みなどをなくします。相手にとっても自分にとっても無理なく続けられる介護を身につけることができます。

3.相手への理解

認知症の方の症状などを知ることで、相手への理解が深め、心理的な負担を軽減することができます。また、効果的なアプローチ方法も学べます。

〈資格取得までの流れ〉

1. 認定校における通学講習(全6日間)を受講する。
2. カリキュラムを全て履修した者に対し認定証を発行。